インデックスに戻る
5月11日(日) KCOCシリーズ 第2戦
 6時間耐久レース
 史上稀に見る最悪コンディションでの第1戦を、クラス9位で完走をした、Team AGOBAC。
 第2戦は、蒲谷さん(昭和42年卒)、田口さん(昭和59年卒)、日暮さん(平成5年卒)の3名でのエントリー。
 その参戦記をお送りします。
今回はテント設営・・・・・・。
某公園の駐車場が、今回の宿泊場所。
ここにテントを設営して明日のレースに備えます。

今日は、ローダーのすぐそばで、競技車も一緒に
恒例の前夜作戦会議(単なるバーベキュー)。
要は飲めればいいのです。
そして、テントを設営して就寝。
明日に備えます。

3人では、いつもの「わしば山荘」では割高なので
今回は3人個室(テント)での宿泊です。

※実は深夜、地元の若者がこの駐車場にたむろして 
大騒ぎ、日暮さんはなかなか寝付けなかったそうです。
(蒲谷さん、田口さんは爆睡だったとのこと)
レース当日・・・・・。
熟睡できたかは不明ですが、いよいよ第2戦。
まずは、車両の車検からいつものように始まります。
インテークに「リストリクター」の装着。
今年よりVIVIOなどスバル系の同型エンジン搭載車両に
装着が義務付けられました。

これでパワーが約10%ダウンだそうです。
それだけVIVIOなどのスバル車が、他の参加車両に比べ
速過ぎたということです。
スタート直前のパドックにて。
第1ドライバーの田口さん。

車両ナンバー「109」がまぶしいです。
パドック前、スタート位置にて。
手前は、PD誌(プレイドライブ)の参加車両。

今回のレースは、「プレイドライブ」の取材が入って
いました。
いよいよスタートです!

オフィシャルの誘導でいよいよ6時間の耐久レースが
スタートしました。

前回は9位完走。
今回も完走、しかも上位での完走を目指します。
順調に走行を重ねる、109号車。
ドライバーは蒲谷さん。

最終コーナー。
ドライバーは蒲谷さん。

この日は3名でのエントリーのため、
ひとり2時間は合計で走らなければなりません。

追い上げているのか、突付かれているのか・・・・・。
ホームストレートから第一コーナーへ。

今回は順調に周回を重ねて、クラス2位のポジションを
キープしていました。
そして、感動のゴール!

クラス2位(準優勝)でのゴール!
参戦以来最高順位での入賞です。

昨年のクラス3位入賞を上回る成績をおさめました。
チェッカーは蒲谷さんが受けました。

おめでとうございます。
ゴール直後の蒲谷さん(右)をねぎらう田口さん(左)
リザルト表です。ビギナーシリーズ2位。
ゴール後の車検を受ける準備。
エンジンルームを覗き込む田口さんと蒲谷さん。
くっついてなにやら怪しいふたり・・・・・。

愛し合っているわけではありません。
表彰台にて、日暮さんは撮影のため一緒に写っていません。
蒲谷さん、田口さん、日暮さん。
おめでとうございます。
プレイドライブ(PD誌)に写真を撮られたところを逆撮影。
7月1日発売に掲載されます。
「Team AGOBAC」の勇姿をご覧ください。
第3戦は、6月8日(日)
Team AGOBACは、いよいよ初優勝に手が届く位置まできました!
第3戦も期待せずにはいられません!
皆様の熱い熱い応援をよろしくおねがいします!
応援メールなどお待ちしてます。
インデックスに戻る