インデックスに戻る           
開幕戦のお片づけ&第2戦に向けて
開幕戦をクラス6位完走(ポイント獲得)で終えたTeamAGOBAC。第2戦までは3週間、今年は数年ぶりの大型連休となったGWを挟みます。その間には、自動車部のジムカーナの試合もあり、AGOBACメンバーには学生の活動に協力する者(コーチ)もいるので活動できる日は限られています。そんなGWの初日にメンバーは集まって開幕戦の片付け&修理・第2戦への準備をしました。

開幕戦の深夜に相模原に戻ってきた4号車。
まずは洗車です。
こってりこびりついた信州の泥を落とします。
散水車のおかげで、タイヤハウス内の手の届かないところまで泥が入り込んでいます。現地でも落としてきたのですが、かなりの量をお持ち帰りしています。
フロントの足回りの不具合に開幕戦中に気が付いたメンバー達が、その原因究明に取り掛かります。
また、ミッションの入り具合にも違和感がとの意見もあり、その原因究明もすることになりました。
大体ここに来る前に、お互いがメールで情報を交換しているのでみんながそれぞれで仮説を立てて活動に参加してきます。
車のことが頭から離れない人たちなのです。
一方、管理人は室内でタコメーターの装着作業です。
田口さんが提供?してくださいました、おフランス製のおメーターでござんす。
メーターASSYの裏のプリント基板にマーキングして切断してはいけない基盤配線をチェックしておきます。
メーターASSYに穴を開けてタコをビルトインして車に取り付けてみたら、なんと!水温計がヘッドライトを点灯させると上昇し、ウインカーのフラッシュに針が反応するのです!
なんで?同じ基盤を使っているのに。
仕方なくそのASSYはあきらめ、元々4号車に付いていたASSYを再加工してメーターを埋め込み、パネルは廃車にした1号車に付いていたものを流用しました。
セットが完成したメーターASSY。
こんな感じで装着されました。
「別に変えなくても」という意見もあったのですが、妙に回転の高いメーターに疑惑の念も・・・・・・。
フューエルメーターと水温計も正常に作動。
そして配線の末、無事に作動しました!。
どうも1速の入りが悪いようです。
リンケージの点検。エンジン・ミッションマウントの状態のチェックなど思いつくことは全てやってみます。

写真に撮られる角度を気にして、今回から帽子の装着を自ら義務付けた蒲谷さんでした。
帽子が無ければ、また良くない角度から撮ってしまいました。
中の状態を見るためにミッションオイルを抜いてみます。
別に異常なし。
オイルを交換してみます。
下に潜っていた田口さんにオイルがちょっと垂れてしまい辺りにミッションオイルの香ばしい香りが・・・・・。

車体が上がっているついでにエンジンオイルを交換しました。なんと1戦走っただけでオイルが真っ黒!!。
確かにレース前のオイルは綺麗でした。一同びっくり!

オイルは車の血液ですからマメに交換します。
ミッションオイルを注入中の蒲谷さんと高井さん。
蒲谷さんに合わせて高井さんも帽子をかぶります。
2人とも自分のツナギに帽子の色を合わせているところがニクイです。男のこだわりってやつですかぁ。
右リヤの角。いろいろなチームとの接触でテールランプは割れ、バンパーには他の車の塗装が付きました。
(ご迷惑お掛けしてしまったチームもあったことと存じます、ここでお詫び申し上げます。)

バンパーを補修のためにマスキング・・・・ですが、なんとトイレットペーパー!!。これでは・・・・・・。マスキングにならない・・・・・。と、なんとか代わりを探してきて塗装しました。

*完成の写真撮り忘れました。
途中で休憩する者、黙々と作業をする者。
新緑の木陰の下で、GW初日は快晴の作業日和でした。

いつものAGOBAC活動風景でした。

午前10時から、昼食をはさんで午後5時まで、作業は続きました。
転倒もせず大きな故障もなく、開幕戦を終えられたので簡単な修理と調整で第2戦に臨めそうです。
第2戦は5月9日(日曜日)、超大型連休にした人たちにとっては最終日です。(帰りの道が渋滞しそう・・・・・・。)
AGOBACはGW中も活動します!(家族サービスはいいのか?すでに家族には見放されているのか?)そこでまた最終的な準備ということになります。
メンバー全員、第2戦が待ち遠しくて仕方がないようです。次回ももちろん完走、開幕戦以上のポジションでフィニッシュしたいものです。

インデックスに戻る