インデックスに戻る           
第3戦の準備をはじめました。
開幕戦・第2戦と完走入賞を果たし、現在エキスパートクラス・ランキング2位の身分不相応なポジションに居るTeam AGOBAC。
第2戦から帰ってから約3週間。自動車部OB会行事などがあり、週末の活動をお休みしていました。
いよいよ、第3戦への準備をはじめました。
第3戦には、念願の2台体制でエントリーすることを決定しました。
昨年の最終戦に使用した3号車を久々にエントリーさせ、ビギナークラスとエキスパートクラスに1台ずつの体制です。
今年は第3戦に至り参加メンバーが増えたこと、長年の念願であるOBチームと現役自動車部との合同体制でのエントリーに今年こそ着手しようということで合わせると10名を越えてしまいます。そこでビギナークラスに学生2名+OB数人、エキスパートクラスはOBのみということで2台のマシンで参戦ということになりました。
準備も現役学生と一緒に行うことで、何かOBから現役学生に伝えられればという願いもあります。
今回は学生達は、6月2日(水)の東北学院大学との定期戦の準備もあったため、手分けして今年入部の新入生と一緒に車輌整備をしました。

第2戦は雨のレースだったため、信州の泥を大量にお持ち帰りしていました。
洗車は土の上で。下回りには泥がべったり貼り付いていました。管理人が洗車したので誰も写真を撮っていません。
すっかり綺麗になった4号車。
追突で壊れた右ライトも交換。曲がったフロント部も引き起こして無事修正できました。
そして、ボンネットの修正。
かなり強引に引き起こしを掛けて、各部を叩いて形を整えました。ボンネットピンも曲がっていたりしたので取り付けし直しです。
幸いダメージも少なく、修正されました。
一方では、3号車の整備が始まりました。
フロント足回りを一度外して、点検各部の調整です。
昨年の最終戦に走らせて以来、洗車以外全く手をつけていない状態でした。(エンジンは毎回掛けていました)
田口さんが、自動車部の今年の新入生に作業を教えています。彼らにも初めての作業が多く、勉強になると思います。
2台の整備を同時進行なので人手の面でも助かります。
3号車は、夜戦使用のフォグランプを外して、バンパーを他の物に交換することになりました。
5号車のバンパーを取り付けることにしました。

3号車は大きなダメージを受けていない車でしたので、各部のチェックをまずきちんとやります。
これをゼッケン109に戻してビギナークラスで自動車部現役学生とOBが合同チームで走ります。
工具を手に新入生に整備を教える田口さん。
自動車部コーチでもあります。
ひとつひとつの作業がこれから彼らの4年間の自動車部での活動に役に立ってくれるといいです。
OBと現役部員が一緒に作業することは今まで無かったのですが、軽自動車耐久レースを始めた時から、コーチの田口さんはこんな風に出来たらいいなと思っていました。
これからこういう時間が増えるといいですね。
この日は暑くて、暑くて・・・・・・。
昼食時の一杯目が滲みちゃった瞬間。
みんな「くぅぅぅ〜っ」という顔をしています。
この日は、あっという間に今年の新記録。4本空けました。
まだ足りない?蒲谷さん?。
ここが、いつも作業日の昼食でお世話になっている、
「雁腹(がんばら)」さんです。
神奈川県 相模原市 青葉3丁目にあります。
最近メニューの組み合わせが増えて嬉しいかぎりです。

これからもよろしくお願いしまーす。
監督の熱い希望で、4号車は1本ワイパーに変更しました。
大容量追加タンクの整備もしました。作動状況はバッチリ。高井さんの力作です。なぜ第2戦では動かなかったのだろう?
謎だ・・・・・・・。

間もなく梅雨入りでしょうか・・・・・。
しばらくは雨のレースも予想されます。
前を行く車の跳ね上げた泥がこびりついても、1本ワイパーのほうが抵抗が少なくふき取れるようです。
あとはレイン-Xなどの撥水剤での加工かな?
いつもやりたくてもやらないままレースを迎える。
そういえば、管理人のレイン-Xが開幕戦以来行方不明。
ウオッシャー液はサービスカーから引き上げたのですが、もう一回探して!にっぽ監督!
2台体制の最大の問題。輸送方法。
いつもお借りしているローダーでは足りませんので、今回は自動車部監督の宮尾さんの会社のトラックで積車実験です。
ビッタリ積み込めました。(よかった!)
実はこれを見越して購入していた宮尾自動車部監督。
ありがとうございます。

と、いうことで2台体制への準備は順調に進みました。
6月20日(日)の第3戦まで、あと3週間。準備に使える週末はあと2回。
今回は2台ということで2倍の作業量になるのですが、
きっちり整備、準備して念願の2台完走を目指します!

インデックスに戻る