TeamAGOBACトップページに戻る            自動車部OB会ホームページに戻る
KCOC第8戦(最終戦)2005年 11月6日(日)
シリーズポイント争いは!?
2005年度のKCOCシリーズも最終戦を迎えました。10月の第7戦が中止になり、約2ヶ月のブランクを経て今回は各チームも準備が整い今シーズン最大の32台出走(エキスパート・ビギナー合わせて)となりました。
AGOBACは第6戦を痛恨の転倒リタイヤでノーポイント。12耐での完走3位入賞での倍付けポイントはすっかりチャラに・・・・。
最終戦は気合を入れて!完走上位入賞を目指しチーム全員で参戦!と行きたかったのですが・・・・・・。
にっぽ監督は自動車部ヘッドコーチに就任し丁度学生の試合の日で欠席。田口さんは仕事。管理人は諸般の事情で欠席せざるを得ず、今回は高井さん、蒲谷さん、井口さんの3人での参戦。応援に学連戦に参加した秋本くんが駆けつけてくれました。
とにかく今シーズンはこれで最終戦!。AGOBACのレースはいかに????。
前日:土曜日 今年も最終戦を迎えました。
前日の土曜日、良い天気でした。
明日の長野は曇りのち雨の予報です。明日までもってくれればいいのに。

今回も自動車部から運搬用のトラックを借りることが出来て、Vivio6号車を積んで信州へ向かいます。
車窓の景色は色づいて、秋が深まってきたことを感じさせます。
4月から11月に渡るKCOCのシーズン。
この景色になると最終戦の季節です。
道の途中でこんな看板を見つけちゃいました^^;。

井口さん・・・・やっぱこれおやじギャグですよぉ・・・・・。
(ちなみににっぽさんの名字です)
10月の学連戦に参戦してくれた秋本くんが応援に来てくれました。
来年度はKCOCに登録して、一緒にシリーズ戦に出ましょうね^^。

彼は新高円寺の「麺処 福吉Fukuyoshi 新高円寺駅前店」の店長さんです。
ぜひお近くにお越しの際にはお立ち寄りください。
レース当日 朝5時起床。スポーツランド信州に向かいます。
いつも朝食&昼食を買うセブンイレブンにて。
辺りはまだ暗く、朝焼けが綺麗です。朝焼けということはこの日の天気は悪くなるということを言われてます。
いつもならもっと明るいのに・・・・。随分夜が長くなっているんですね。こんなところにも季節の移ろいが感じられます。
今回は予選も行われました。
予選のトライアルに望むナリデン監督・溜池さん。

来年4月にアメリカへの転勤が決まり、このレースでしばらくお休みです。C.Bさんに続いてですが、今日は思う存分走ってください!
最終戦の開会式。
竹村さんも冬の装いですね^^。
竹村さんのチーム「TOY’s」さんは今シーズンホントについてないシーズンでした。最終戦も不出走だったとか・・・・・。(その理由はこの2枚後の写真で)
今シーズンも会長のお役目ありがとうございました。
マイクを握るのはナリデン監督の溜池さん。KCOCの広報&HP担当としてご活躍いただいてますが、今回でしばらくレース活動から離れることに・・・・。ナリデンはひでじぃさんが監督として活動を続けます。
溜池さん長年に渡るKCOCへの多大なる貢献、ありがとうございました。
そして新監督「ひで監」さん、よろしくお願いします。
写真だけ見ると、町田社長が竹村会長に「今シーズンもお疲れさん!」と言って竹村さんがお辞儀をしているように見えますが・・・・・・。
その実は、社長から会長のチームTOY’sのドタキャンを暴露されお詫びをしているが正解でしたー^^。
副会長の原さん発表のスタート順です。
ポールは12時間耐久を制した17番「KiwiSports」
2番手は今シーズンのチャンピオンが決定している「みてろよかぁちゃん」
3番手はゼッケン8番「パロパロ」。AGOBACVivio6号車はパロパロさんからお譲りいただいたマシンです。
AGOBACは6番手。まあいつものポジションという感じです。
AGOBACの1番手は高井さんです。
軽自動車耐久レースをこよなく愛するチーム会長!。
がんばってぇ!

今回練習走行の後に、縁起かつぎ?でトラブル起こる前に初めにジャッキアップ(AGOBAC小劇場)をやっとけばレース中にやらなくて済むかも・・・・なんて考えて下回り点検なぞしてみたら、整備したはずの左ロワアームボルトが緩んでました・・・^^;。締め込むとキチンと締まるので、「ホッ・・・」。そして開会式→送り出しという感じだったのです。
ABELLの永遠のファーストドライバー瀬川さん。
スタート前の準備中。
内藤監督も見守ります。
驚異的な完走率で現在クラス2位!。今回も上位完走してシリーズランキングを守りたいところ。
来シーズンのゼッケンもまた作ってプレゼントしますね!。
第2戦の転倒以来の参戦となった「MUSK」。
おかえりなさい!。
これからスタート位置に向かいます。



写真左端はTJRTさん。
今シーズンも数々の波乱をご提供くださいました^^。
今回はマシンを再塗装して完走を目指します。
スタート位置に向かう「ナリデン」溜池監督。
造り込んだ15号車初投入!。
ここ数戦は新メンバー投入などの転換期で転倒やトラブルに巻き込まれてきましたが、溜池さんにとってはアメリカ行き前のラストラン。胸に期するものがあるでしょう!。今回は期待大です!。
6番手のスタート位置についたAGOBACVivio6号車。
周りを囲むのはKCOCエキスパートクラスの猛者ばかり・・・・・。

AGOBACの最終戦、高井さんに託しました!
総台数32台が並ぶと壮観ですねぇ〜久々です。

今シーズンも最終戦なんですね。なんだか早かったです。

そしてスポーツランド信州にも色づいて冬が近づいています。
竹村会長の誘導で高井さんがオープニングラップに出てゆきました。最終戦いよいよスタートです!。


スタート映像はこちらをクリック!
レース開始後約20分後、「歯医者つながりレーシングチーム」が最終クランク立ち上がりで転倒(2002年最終戦でTJRTが転倒した所)。
第3戦から初レースデビュー。第4戦ではクラス2位を獲得の勢いがあるチームですがその後は転倒続き。しかしチームレベルが上がる過程では転倒はどのチームもくぐり抜けて来たこと。これを乗り越えたときに強いチームが産まれます!。
原副会長・技術委員長の松本さん。ウチの高井さんも救助を手伝います。
今年から各車に装備の「ゴミ袋」で割れたガラスのお片づけ。
こういう風に役に立っているわけですね。
事故処理中に停車するトップ争いを続ける17番「Kiwi」&2番「かあちゃん」の2台。
その向こうの草むらで・・・・・・。AGOBACのブルゾンの方が・・・・・・。

まあ・・・・・冷えますからねぇ・・・・・。

スタート〜1時間目がやけに長げぇじゃねぇか!?と言うあなたのために・・・・。

レース開始45分過ぎに、技術委員長の松本さんからお呼び出しが・・・・・。

松本さん:「AGOBACさんのマシン、足回りからイオンが発生してますよ。」
風車:「うーん、マイナスイオンなら健康的??ちがーう!異音だ!異音!(おやじギャグ)。」

今回はピットがいつもの入口近くのコース側のところではなくその向かい側でした。
そのため異変に気付きにくかったのです。

明らかにおかしかったので、50分頃ピットイン。
さあ!AGOBAC劇場の序章の開幕?
ジャッキアップして点検です(出走前にやったのに・・・・・)
まーたロワアームボルト(左)が緩んでいます。
サブフレームの中のボルトの溶接が外れてしまっているようです。取り合えず増し締め。
蒲谷さんを送り出します。

蒲谷さんの走行も1時間より短めのところでピットインさせることに
その間にもまた外れるかもしれないので緊急で対策を考えます。
持ってきた備品や工具を駆使してマル秘対策部品の製作です。

そして蒲谷さんが規定の走行を終えピットインしてきました


ところが・・・・・・・

さてさて戻ってきたマシンの左ロアアームボルトを増し締めしようとジャッキアップ。なんとサブフレームとロアアームが一緒に動きます???。ボルトに触るとサブフレーム先端と共に抜けてしまいました・・・・・。

なんと!サブフレーム左側が
引きちぎれてしまったのです!

な・・・なんじゃこりゃぁ〜!?
お待たせいたしました!
もうKCOC恒例・風物詩とまで言われております!
。\AGOBAC劇場」の開演です/。
サブフレームの予備なんて持ってきてません。ABELL瀬川さんから上の倉庫横にサブフレームがあるとの情報を得ました。
町田社長に泣きつきます(T^T)。
社長:「サブフレーム?良い奴は学連戦で使っちゃったヨ〜。開いちゃって使えないのはあるけどサァ〜。ドラシャ抜けちゃうヨ〜。」
(以上社長の言い回しで読んでください^^)。

倉庫横にサブフレームが3つ。しかし社長の言うとおり全て開いています。しかし社長にはゴミの山でも我々には宝の山!。その中でも状態の良いものを持ってきて、ガッチャで締め込み修正し装着することにしました。着けるのにも一苦労。
サブフレーム左側、ロワアームの付いている所が綺麗に割れています。こんなのは初めて!昨年からこういう想定外のトラブルに襲われることが増えました。

折損した部品を手にする「風車の井口」さん。

修理の為に3時間目・4時間目は走行できず、もう順位は関係ありません!とにかく完走狙いです!。


以上3枚の写真は、ナリデン監督・溜池さんご提供です。
撮影は3男のノリ君です!大感謝!!。
4時間目を過ぎた頃、予報どおりに雨が降ってきました。
参加台数が多い中トラブルでリタイヤを余儀なくされるチームが出て、サバイバルレースの様相を呈してきました。
5コーナーのセーフティゾーンに集められた今日のリタイヤしたマシン達。雨に打たれて寂しそうです。
5時間目ギャラリー下でトラブルのためリタイヤした「MUSK」のマシン。
昨年彗星のようにKCOCシリーズに参戦。1シーズンでエキスパートに昇格した実力派チーム。今シーズンはVivioからマルチバルブのキャロルにマシンをスイッチ。しかし転倒やトラブルで今シーズンは苦しみました!。
しかし今回のレース4時間目の周回36周は走行しているマシンの中で最も周回を重ねたことになります。今回左前輪のスタッドボルトが全部折れるという信じられないトラブルでタイヤが脱落・・・・・。これがなければ上位入賞も確実なペースでレース運びをしていただけに悔しい結果になりました。
信州の神様は「MUSK」に今年は試練を与えたのでしょうか?
しかし実力の高さは折り紙つきのチームです。来シーズンは暴れまくってくれることでしょう!。

写真はMUSKの木原さんのご提供です。
ありがとうございました!。
大修理の後レースに復帰したAGOBAC。
コースは雨によりすっかりドロドロ状態に。
レースは5時間目を迎えていました。井口さんの走行です。

しかし5時間目を走行中、再びトラブルが・・・・・。
明らかにハンドリングがおかしい!
「またロワアーム?いや違うなぁ・・・・・」
ステアリングを切るとタイヤの擦れる音とゴムの焼ける匂いが・・・。
緊急ピットインです!
何といつのまにか左前がシャコタンになっています!
見ると左のショックが抜けてスプリングが外れています!。

ストラット交換をして、高井さんに交代。送り出しました。
6時間耐久レース、ゴールを迎えました。
チェッカーを受けるのはビギナークラスチャンピオンの「マスターにゃん」。圧倒的な上位入賞率&完走率で今シーズンを締めくくりました。

にゃんのChennyさんによると、シーズン終了を待たずにチャンピオンを決めたので、今回の最終戦で監督の方針は「ベストタイムを出すか転倒するか!」でどちらも達成できなければ罰として「腕立て伏せ」をやらされるんだとか・・・^^。
うーーーーん・・・・、ウチより体育会ですなぁー。^^
TJRTさん。今回は無事にチェッカーを受けました!。
今シーズン高い参加率を誇りながら数々のトラブルでノーポイントでしたが、今回の完走で初ポイント獲得!。おめでとうござます。
(写真ブレちゃってすみません)

レースは32台中20台完走(両クラス合計)。
結構なサバイバル状態でした。

AGOBACもトラブルを乗り越えて高井さんがチェッカーを受けました。
10位で2ポイント獲得です。
これで年間ランキングは5位。来シーズンのゼッケンは「5」です!。
レースが終わっての1枚。
井口さんは皆勤賞!お疲れ様でした!。
AGOBACが誇る還暦コンビ高井さん蒲谷さん!。来年も楽しみましょうね!。

応援に来てくれた秋本くん。カメラマンお疲れ様でした。
最終戦もトラブルに襲われたAGOBAC
しかし辛うじて獲得したシリーズポイントで
来年もエキスパートクラス・シード権獲得は確定しました!
みなさまお疲れ様でした!

来シーズンからは、私管理人が監督を務めます
(と言うか、最終戦直前に就任しましたです^^)
すでに来シーズンのために新監督は動いております。

来シーズンもよろしくお願いします!

TeamAGOBACトップページに戻る 自動車部OB会ホームページに戻る