2006年 第2戦 参戦レポート
開幕戦から約1ヶ月半のインターバルを経て、KCOCの第2戦の日を迎えました。
3シーズンを戦ったヴィヴィオからマルチバルブのアルトにスイッチし、トラブルに遭いながらも完走を果たした開幕戦。しかし満足のいく結果ではありませんでした。第2戦は開幕戦での問題点を改善し実戦投入です。今度こそノートラブルでの完走を果たしたいと張り切って信州入り。
前日から常宿に宿泊して万全を期したはず・・・・・・・・。
土曜日の前泊地。いつもと違い、全員が何やら真剣に机に向かっています。
積み上げられた書類の山。封筒の山・・・・・・。
自動車部OB会の事務局を務めているメンバー(井口&沼田)を抱えるAGOBAC。
勤め人ですので、平日に一切作業が出来ません。この週末に信州に持ち込んで、OB会会員への発送物の発送作業を行っております。。封入物の折りたたみ→セッティング→封筒詰め。約300枚の作業です。
食事を挟んで作業は遅くまで続けられました。
高井さん、蒲谷さん、御大さま、ありがとうございました!
おかげさまで何とか発送できます!

OB会会員の皆様、お手元に届く発送物はこうして手作業で作られております。OB総会へのご出席を心よりお待ち申し上げております。
前夜の発送作業を終え、レース当日。好天に恵まれました。
7:15のゲートオープンを待ちます。
受付に並びます。ゲートオープンと同時にまず受付ですので、全チームが集中します。本人が受付けに出向いてというのが決まりですので、順番に従い並びます。
良い天候でいいレースが出来そうです!。
相模原のご近所ABELL。今回、昨年のビギナークラスチャンピオンチーム、マスターにゃんのマシンを受け継ぎ、今回の第2戦に持ち込んできました。
エキスパートのステッカーを貼り付け中。今年から担当は広報のAGOBAC監督。
前任ナリデン監督のように上手くできません・・・・・・。
2戦目のレースとなる、AGOBACアルト1号車。
前回はクラッチのトラブルで初投入にして恒例の「AGOBAC劇場」を披露。
今回は前回レースの問題点への対策。またちょっと試してみたいことなどを盛り込み、乗り込んできました。
今回は、ノートラブルでの完走を果たしたいです!。
開会式。スタート順を読み上げるコース委員長・TJRT橋本さん。
今年から新任の役員です。よろしくお願い申し上げます。

今年からエキスパートクラスは予選を廃止。前回レースの順位が反映されます。
AGOBACは今回6番手スタート。
レース開催日の12日前から雨ナシの信州だったとのことで、早くもコースは乾燥状態。町田社長は朝から散水を続けていますが乾いたコースは水はけが良すぎて散水が間に合いません。スタートは15分遅れとなりました。
スターティンググリッドについた第1ドライバーの井口さん。最近ずーっとファーストドライバーを務めています。
2周のオープニングラップの後、レースがスタートしました。
早くも舞い上がる砂埃の中、新コーナーへ向かって下るAGOBACアルト1号車。
ジリジリと上位に上がってゆく井口さん。整備し直したマシンは絶好調のようです。昨年と違いマルチバルブ勢といい勝負が出来るようになってきたようです。
(無線通信再現)
オフィシャル:2コーナー先で転倒です!コースを塞いでます!。
原会長:何番ですか?
オフィシャル:ザザッ!・・・ザザザッ!(通信状態不良・・・・)
沼田:ええっ?5??。

原会長・小林さん・橋本さんの役員一同が2コーナーへ駆けてゆく。本部に一人も居なくなる訳にもいかず広報沼田(AGOBAC監督)はホームストレートで後続を止めてました(実は2コーナーまで行かせてよかったとのこと)。
停止車を見ると、あれれれぇ?AGOBACの前と後ろにいたチームのマシンはあるのにAGOBACのマシンが無い!うわー!やっぱりぃ!ウチかよぉ!
旗をもったまま、笑うしかないAGOBAC監督・沼田。
5コーナーのセーフティゾーンに自走して戻ってきたAGOBACアルト1号車。
この角度だと何でもない状態なんですが・・・・・・・・。
左側はご覧の通り・・・・・・・。
半分だけ開けていた助手席側の窓ガラスが無い。
リヤクウォーターウィンドゥが綺麗に無くなっています。
しかし、酷い傷ではありません。

井口さん、転倒虫の仲間入りです。
(以下転倒ドライバー証言)
チャンピオン・みてろよカアチャンと競っていて、2コーナーでインに入られた。ブロックする訳にはいかないとラインをアウト側に外したら、砂利に乗ってマシンが土手に・・・・・。左片側走行になり、パタンと90度倒れた。

飛んだわけでなく、おっとっと・・・・と倒れた感じだそうです。

セーフティゾーンに持ってきた、技術委員長の小林さん&コース委員長の橋本さん(お二人は、AGOBACアルト製作のスーパーバイザー)「沼田さん!大丈夫!窓ガラス入れればまだまだ走れる!」と慰めの言葉を・・・・・・。
本部にリタイヤ届けを提出させていただきました。TT
(原会長、写真撮影にお付き合いいただき、ありがとうございました。)

転倒でレースを止めまして、各チームの皆様、
誠に申し訳ございませんでした。
レース開始12週目、約25分後に起きた転倒事故(AGOBACリタイヤ最短記録更新!)。AGOBACの第2戦はここで終わりました・・・・・・。
信州には、OB会の発送物の封筒詰めをやりにきたような感じになりました(今思えば、あれをやりきった達成感で我々の気持ちが切れていたのかも・・・・・。)。マシンは修復可能状態(の予定・・・・・・。まだオールチェックしてません)。第3戦は約1ヶ月半後、その間にはOB会行事も控えています。準備時間は少ない。しかし、第3戦こそ、このマシンの本領を発揮できるように、がんばりましょう!。

転倒から約2時間後、
役員仕事の監督を置きざりにして、おじさんたちは、久々に温泉へ・・・・・・・。
すっきりして帰ってきたのは14時前だった・・・・・・・。TT
おじさんたちには、憩いの週末となりましたとさ。
(毎週作業続きだったしなぁ・・・・・労わらないと・・・・・^^)