2008年 第1戦(開幕戦) 参戦記
2007年最終戦の完走でエキスパートクラスに奇跡の滑り込み返り咲きを果たし、オフシーズン〜2008年シーズンを迎えたAGOBAC。
最終戦で残念ながら3代目は車体を傷めて使用不能に・・・・急遽マシンを作り直すことになったオフシーズン。
皆、寒さが堪える齢ですが、何とか完成した4代目での開幕戦。
今回は、昨年第4戦からチームに加わった加藤さんに息子の自動車部主将・加藤祐樹くんも参加。チーム初の親子鷹が実現。
AGOBACの08シーズン開幕です。
08年開幕戦のレポートの前に・・・・。


07シーズン、第3戦から最終戦まで頑張ってくれた3代目セルボ。
最終戦で左後ろリヤショック取り付け部腐蝕により、残念ながら役目を終えることになりました。後ろの4代目の作成の為に解体中です。
高井さん、蒲谷さんの6●歳コンビ。
意欲的にニューマシン製作に取り組んでおります。


まだまだ寒い、3月初旬でした。
迎えた開幕戦。
最左・昨年第4戦から加わった加藤さん。
その隣・息子の自動車部主将、加藤祐樹くん。
チーム初の「親子鷹」。心強い新戦力です。
今シーズンの為に製作した4代目セルボ。
今年のゼッケンは「15」。KCOCのシードゼッケン。
念願のエキスパートクラスに復帰した証。

グレーメタリックのボディに金色文字が意外と目立たない地味なステッカー類。
何と5ドア車体。
実は、新製作したんですが・・・・このマシンもエンジン回転が今ひとつ・・・。
一抹の不安を抱えながら、開幕戦のフォーメーションラップに・・・・。
第一ドライバーはもちろん井口さん。
あ・・・・手ぶれしちゃった・・・・・。

やっぱりフケがイマイチ・・・・・。
パドック前を通過する度に、イマイチな表情をする井口さん・・・・。
えええーっ・・・・今回もかよぉ・・・・。の、吹けない病。
1時間目を走り切り、井口さんから加藤さんへバトンタッチ。
実は先週まで雪が残っていたスポーツランド信州のコース。早くも1時間目にして要所要所に穴が掘れてきているそう・・・・・。
加藤さん、実は昨年第4戦は加藤さんの出番前の段階でマシントラブルでリタイヤとなってしまい、結局走らず終まいでした・・・・。
今回がKCOC初走行となります。
でもレース経験者ですので皆全く心配していません。
井口さんからコース状況について入念な引継ぎ。
マシンの点検も終わりました。
いよいよコースに出ます!。

頑張ってください!。
加藤さん、吹けないマシンでストレス溜まってるだろうなぁ・・・と傍から見ておりましたが、初KCOCを無難に走っております。
今回、コースコンディションの関係で、ショートカットされた7コーナー(島コーナー)を駆け抜ける加藤さん。
流石の走りっぷり。
ギャラリー下〜右ターン。
吹けない病は登りは苦しいのですが、この辺りはそこそこ走れるんですよねぇ・・・。加藤さんストレス溜まってるだろうなぁ・・・。
受け持ちの2時間目を無事に走りきった加藤さん。
初KCOCお疲れ様でした!。

3時間目の受け持ちは・・・・・。
息子の加藤祐樹くん(自動車部主将)。
親子リレーです。

父から息子に、コース状況など引継ぎ。
真剣に聞く息子。
いい絵ですね。
皆で、加藤くんのドライバー交代を補助。
心配そうに?見つめる父、加藤さん。

さあ、主将、出番です!。
また手ブレ・・・・。今日はシャッタースピードが合いません・・・・。

加藤くんは学連戦以来のスポーツランド信州。
やっぱり吹けない病にストレス溜まってるだろうなぁ・・・と思いつつ見ておりました。
吹けないながらも、頑張っております。
その加藤くんの目の前で、ゼッケン44番YAMAMO WORKSさんが転倒!。
新コーナーの突っ込み、加藤くん危機一髪!。
よく回避してくれました!。


(写真は、シティオートレーシングさんのHPよりお許しをいただいて拝借いたしました。ありがとうございます。)
再スタート後、上のストレートを走る加藤くん。
吹けない病で、伸びが今ひとつ・・・・。
新コーナー入り口。
下りは何とかなってるんですけどね・・・・・。
ストレスの溜まるレース展開です。
加藤くん、受け持ちの3時間目を走り切り、4番手の御大さまに交代。
あれ!?御大さま、昨日までは「俺は走らない」って言っていたじゃないですかぁ?。
見ていたら、やっぱり走りたくなるのが自動車部魂?。もしくは、吹けない病の状態のチェックも兼ねて?。取り敢えず後者ということで・・・・(笑)。

加藤くんから、コース状況・マシンの状態など引継ぎ。
その間に給油もします。
御大さまの走っている間に、ゼッケン13番RTTさんが新コーナー出口で転倒。

御大さまも熱くなると、ピットサインも無視しちゃうくらいだから、明日は我が身なんだよなぁ・・・・・。



管理人、本部仕事(事故処理&誘導)で多忙を極め、御大さま走行時の写真が撮れず・・・・。すみません・・・・・。
御大さま受け持ちの4時間目を無事に走り切り、ご帰還。
お疲れ様でした。
やっぱりストレス溜まったみたいです。

御大さまが走っている間に、コースコンディションの悪化と、天候の悪化も予想される為、レースは5時間に短縮されることが決定。
次の5時間目が最後の1時間ということに。
5時間目の30分間を高井さんが受け持ちます。
御大さま→高井さんへのリレー。
4枚ドアであることを最大限に生かしたドライバー交代の風景。
高井さん、穴の掘れてきてしまった最終ターンで果敢なドライビング。
吹けない病以外は、車体もしっかりしているみたいで、その点では優秀な4代目セルボだそうです。
背後に迫ってきているのは、トップを独走中のチャンピオン:みてろよカアチャンのマシン。あんまりいじめないでぇ・・・・(笑)。

実は、今回は他のエキスパートクラスのチームもトラブルを抱えていたり、ペースを落としたりで、修理やピットインを繰り返していたこともあり、AGOBACは吹けない病を抱えてはいましたが、レースとしては結構上位に食い込んでいる状態でした。

高井さん受け持ちは30分とはいえ、ピットからは、ペースアップの厳しい指示が出されていました。
そして、締めはこの人、蒲谷さん!。
未だ昨年の転倒事故が頭から離れてはいないとのこと・・・・(涙)。
今日は5時間だから乗らないと遠慮したのを、皆で説得して開幕戦を締めていただくことに。
お願いします!蒲谷さん!。
蒲谷さんが走り始めて程なく、ラスト30分の掲示が出ました。
吹けない病に耐えての開幕戦。
ゴールまであと30分!。
吹けないながらも、堅調なタイムを重ねる蒲谷さん。
後は、蒲谷さんにお任せ。と、余裕のAGOBACパドック。
5時間に短縮をされた08年開幕戦、無事にチェッカーを受けました!。

皆様、お疲れ様でした!。
再車検は本部前にて。
AGOBACはエキスパートクラスの2番手に呼ばれました。
再車検後、チームの代表者が本部に呼ばれて、会長、技術委員長より再車検の結果が伝えられます。
入賞車輌に不正無しと認められ、開幕戦の上位入賞順位が確定ということになりました。

何と!、AGOBACはエキスパートクラス復帰第1戦にして、クラス2位(準優勝)を獲得いたしました!。
ゴール・再車検の後から予想通りに天候が崩れ、雨の表彰式になりました。
昨年は、チャレンジクラスでの開幕戦2位(準優勝)。
今年は、エキスパートクラスで開幕戦2位(準優勝)!。
チームとしても、エキスパートクラスでは久々に嬉しい表彰台になりました。

おめでとう!Team AGOBAC!

マシンを替えても吹けない病に悩まされた開幕戦。
しかし、昨年の学連戦以降の「耐えるレース展開」で好結果に繋げてきたAGOBAC。今回も「耐える展開」で2位表彰台。
速いことも大切、しかし耐久レースはそれだけでは無いことが証明されたようなレース展開でした。
昨年も開幕戦は2位。しかし昨年はこの後が色々と苦労しました・・・・・(涙)。
今シーズンは昨年と同じ展開になるのか?それとも・・・・?。
次戦は6月8日(日)。吹けない病を解消して、ストレスの無い、攻めのレース展開をするべく、また準備のGW&週末ということで・・・・。

皆様、今シーズンもよろしくお願い申し上げます。
レースのリザルトを掲載している、KCOC(軽自動車オフロード倶楽部)のHPもご覧ください。