2008年 第2戦 参戦記
エキスパートクラス復帰早々の2位表彰台で飾った開幕戦。
しかし、マシンは本調子でないまま。2戦までのインターバルをその対策・メンテナンスに明け暮れ、迎えた第2戦。
ここ数年、自動車部学生も参加している第2戦。今年は学生中心のチームでもう1台エントリー。
エキスパートクラスで頑張るOB(おやじ&ジジイ)、チャレンジクラス参戦の現役学生。
第2戦、参戦記です。
今回は学生中心チームも参戦。
AGOBACのメンバーと一緒に記念撮影。
開会式。
SPL信州の町田社長からのお話しを聞きます。

コースにはスタート前に散水がされていました。
2周のフォーメーションラップが始まりました。
朝の受付を早くに行ったので、学生チームは、最後尾のスタートにはならずに済みました。
ドキドキのフォーメーション2周です。
本部前で日章旗が振られました。
6時間先のゴールに向けて、レースがスタートしました!。
AGOBACのOB車。
「吹けない病」を克服するべく、キャブレターのメンテナンス、調整を繰り返して、第2戦に乗り込んできましたが、第一ドライバーの井口さんの表情が冴えません・・・・。

ポジションもズルズルと後退してゆきます。
1時間目を無事に走り終わった学生チーム。
前夜にAGOBACのメンバーより受けたアドバイス通りに各自の持ち場を決めて、ドライバー交代&点検作業。
2時間目も順調に走っています。
いつのまにやら、チャレンジクラスで3位のポジションを争う走りをしていました。
1時間目から2時間目の交代の際に、やっぱり伸びないとの井口さんのコメント。
2時間目は、何とエアクリーナーを外して走ってみましたが、やっぱり今ひとつの様子・・・・・。
下りは、それなりに走っているんですけどねぇ・・・。
吹けない伸びない・・・のOB車とは違い、快調にコースを疾走する学生チーム。
OB車、5コーナーに突入してゆきます。
この先の登りが苦しい!!!。
順調に走る学生チーム。
チャレンジクラス3位のポジションを固めつつあります。
泥が詰まったタイヤハウスを掃除して、4輪の増し締めなど、短い時間で作業をこなします。
チームワークが大切な耐久レース。
よい練習になるでしょう。
こちら、吹けない伸びない煮え切らないOB車。
新コーナーの突っ込み、下りを使ってそれなりのスピードは出ています。
3時間目は、点火時期を思いっきり調整して、走ってみました。
高井さんのコメントは「これでいいよ!」
(ホントかなぁ・・・・。)

4時間目、加藤さんの出番。
OBチームと学生チーム。同時にピットイン&ドライバー交代です。
加藤さん、新コーナーへの突っ込み!
2速全開で、下ストレートを駆け抜ける加藤さん。
スピードは吹けない割りには出ています。
5時間目。
加藤さん(父)→加藤主将(息子)に交代。

パドック前の下りストレート。
前を走るOB車には、加藤主将。
後方の学生車には、水野くん。
コース上で自動車部学生同士の一騎打ち?。

吹けない伸びない煮え切らないOB車。明らかに苦しそう・・・・。一方の学生車は良いエンジン音をさせながら、走っています。
しかし、ランデブー走行も束の間・・・・・。
5コーナー手前で、学生車は急にストップ・・・・。

1速・2速の感触がありません・・・・。
どうやらミッションが壊れてしまったようです・・・・。

この状態では修復不可能・・・・。

SPL信州は簡単には結果を残させてくれません。
5コーナーに停められた学生車の横を、OB車が走り抜けてゆきます・・・・・。
6時間目を今回も蒲谷さんにお任せして、OB車はチェッカーを受けました!。
会場の皆様に祝福されるOB車。
吹けない伸びない煮え切らない中で、今回も我慢に我慢を続けたAGOBAC。
何とクラス3位に登り詰めてのゴール!。
本部前での再車検。
AGOBACの15番(OB車)も呼ばれました。
再車検の結果、クラス3位確定。
高い高いウィナーズステップ?に登って、KCOC松本会長より、クラス3位の盾が授与されました。
これで、今年は2戦連続の表彰台!。
マシンは決して満足のいく走りをしてくれている訳ではありません。我慢我慢のレース展開。その結果・・・・。

2年連続で転倒リタイヤを喫していた第2戦。
監督曰く「鬼門」の第2戦を、今年は表彰台。
これで、マシンが満足に走るようになれば・・・・。
(レースに「れば、たら」は無いんですが・・・・)
入賞して一言!に、高井さんがマイクを持ちました。
やっぱり嬉しいですよね^^。

今回も、吹けない伸びない煮え切らないマシンだったAGOBAC・・・・・。
レース後の再車検時は、他チームのキャブレター配管を皆で真剣に観察していました。
やっぱり思いっきり走りたい!ですよね・・・・・。

第3戦は、7月20日(日)。
それまで、また、吹けない病との闘いです。


学生チームは本当に惜しかった!。でもこれがレース。本番は10月です。
でも楽しんでくれたのかなぁ・・・・。
(AGOBACの)監督、本部に居たら、「彼ら、学生さん?速いじゃない!いいチームだよ。」と、チャレンジクラスで今回優勝した「クルマヤ」さんが声を掛けてくださいました。実力派チームの方からそのようなお言葉をいただいた彼ら、学連戦は期待しちゃいます!。
レースのリザルトを掲載している、KCOC(軽自動車オフロード倶楽部)のHPもご覧ください。