2008年 第4戦 参戦記
3戦連続表彰台の例年にない快挙の今シーズン。
シリーズも後半戦の第4戦は、KCOC名物のナイトレース。
深夜0時にスタートし、明け方6時にゴールする6時間耐久レース。
チームの高齢組は、@本人の自発的な自粛。A家族の強い反対。などの理由により、不参加。
今回は若者?組(笑)にて参戦しました。
今回は、高齢組は欠席。
夜更かしは体に悪いということで・・・・。
御大は出発時に来てくれて、そのまま同行するつもりのようでしたが、高井さん&蒲谷さんがそれを察知して、見送りと称して御大を行かせないように見張っていたとか・・・・。

井口さん・会田さん・加藤(パパ)さん・加藤(祐樹)主将の4ドライバー体制。
監督は今回も本部お仕事。
現在ポイントランキング2位。
スタートポジションは今回も2番手。

暗闇のコースを2周のフォーメーションラップ。
ヘッドライトの列が闇のSPL信州のコースに連なってゆきます。
松本会長の日章旗でレーススタート。
しかし、吹けが相変わらずイマひとつのAGOBAC。
後続のチャレンジクラスにも抜かれてゆきます。
ポジションはズルズルと後退・・・・。
1時間目にゼロフラッグのマシンが足回りのトラブルでコース真中にて停車。
後続が塞がれてしまい、一旦レースが赤旗中断となりました。
その赤旗の停車の際に、
前を走るマシンの前に出てしまった井口さん。

ナイトレースの為、設置されていた信号機のシグナルを見落としてしまって、更に暗い中で前が止まっているのが分からなかったとのこと。
状況から本部より1時間の本部前停車のペナルティを受けました。
足まわりトラブルのゼロフラッグ。
Pent Roofの皆さんと協力しての修理中。
ペナルティから解放された後、
井口さん→加藤(パパ)さん。
そして次は息子の主将(祐樹)にバトンタッチ。
主将(祐樹)の後は会田さんがドライブ。
もう1時間のペナルティ分を取り戻すことは困難。
監督のオーダーは、今回も「ひたすら完走」。
今回は4ドライバーなので、
5時間目は再度井口さんがドライブ。
徐々に空が明るくなってきました。
明るくなってきた頃、
最終ドライバーは、自動車部主将(祐樹)にハンドルを任せます!。
朝を迎えたSPL信州。
AGOBACは何とか生き残っていました。

加藤主将、ゴールまでひた走ります。
6時間を走り切り、
AGOBAC4戦連続の完走!

今回はクラス4位。
連続表彰台にはならず。

でも、お疲れ様でした!

ナイトレースの第4戦。
また絶好調とは言えないマシンでしたが、今回も完走を果たしポイント獲得。
ポイントリーダーのみてろよカアチャンもマシントラブルで今回のレースでチャンピオンお預けとなり、年間チャンピオン争いは最終戦の持ち越し。
本当は夏の間から製作してきたHA型を投入する予定でしたが、ちょっと間に合わずでセルボをナイトレース仕様にしての参戦。残念なペナルティなど不運もありましたが、それでも結果を残せたのは収穫でした。

来月は学連戦。ニューマシン投入です!
レースのリザルトを掲載している、KCOC(軽自動車オフロード倶楽部)のHPもご覧ください。