2010年 第2戦 参戦記
開幕戦は、メンテナンスしたエンジンからオイルが漏れてしまい、2時間でリタイヤ。
第2戦までのインターバルは1ヶ月。再びエンジンを降ろしブロックを交換するなど再度エンジンを組み直した。
2戦連続ノーポイントは許されない!。完走必至の第2戦。
前回リタイヤのAGOBAC。
それでも参戦台数の関係&朝の受付順からで4番手のスタート。

2周のフォーメーションラップから始まりました。
フォーメーションラップ2周目。
独特の緊張感が会場に漂います。



(写真はナリデンさんのHPより拝借しました)
本部前日章旗でフル加速。

さて、チーム員注目のエンジンの調子は?。
いつもの本部前ストレートでの
いまいちの首傾げはしていません!。

組み直したエンジンは、なかなかの様子?。
2時間目は、加藤(息子)祐樹。

若きエースの時間帯に早くも散水車が入り、
路面状況は一変!。
慎重に走っています。
前を走るは、チーム ナリデンの溜池監督。

後ろに付いた祐樹は、このたび超大手自動車メーカーの内定をいただきました。
チーム ナリデンの溜池監督とCBさんはその会社にお勤め。来年からは会社の先輩になります。



(写真はナリデンさんのHPより拝借しました)
わきまえているのか、
祐樹はナリデンさんの前には出ません!。


後で聞いたら「とても追いつけません!速くて!」
とのことでした。
3時間目は、息子祐樹から父へのリレー。
父の乗車セッティングを手伝います。
今回は、加藤ママも息子の雄姿を観戦に!。
息子から父へ、
コース状況、マシンの状態について、
短い時間ですが詳細に伝えられます。

ここまで同一周回のマシン同士が順位を争っていました。
親父としては息子に負ける訳にはいきません!。
加藤PaPa、7コーナーの立ち上がり!。



ここで監督は、7コーナーから8コーナーへの登りで、マシンのトラクションが抜けている挙動を発見。
後方に迫るシティオートレーシングクラブのマシンと明らかに挙動が違います。
エンジンの調子は悪くないのに・・・・の状態の原因はこれか?と・・・・・。
ところが加藤PaPa、緊急ピットイン。
フロントバンパーが前輪に当たっていました。

おや????何が起きた???
(自爆したとのこと、後ほどPaPa白状)

即修復してコースに復帰。
同一周回争いからここで脱落・・・・。



(写真はナリデンさんのHPより拝借しました)
加藤PaPa、必死のリカバリー!?。
4時間目は、高井さんの出番。

ここでも散水が入り、レースは少しペースダウン。

ところが30分を過ぎたあたりから、高井さんのペースに乱れが・・・・。
監督は悩みに悩んだ末、早めにピットインのサインを出しました。高井さんに失礼かと思って悩みました。
入ってきた高井さん。
「入れてもらってホッとしたような、哀しいような・・・・」とのお言葉。
高井さんの次は、御大さまが乗車。

長い時間は無理だろうと監督は次のドライバーオーダーを思案・・・・。井口さん?それとも自爆で順位を落としたPaPaがリベンジ?。

そんな中、レース4時間目から5時間目に差し掛かる時に、新コーナーで転倒事故発生!。

タイミング的に御大さまが新コーナーだったので一瞬ドキッとしましたが、御大さまではありませんでした。
(監督、安堵。)

今回発の赤旗停止。
本部前で停止の御大さま乗車のAGOBAC号。
御大様走り出して15分くらいでしょうか?
ちょうどよいインターバルに。



(写真はナリデンさんのHPより拝借しました)
御大さまの後、30分程の時間を、前をぶつけて同一周回争いから脱落してしまった加藤PaPaがリベンジということで乗車。

その後、息子祐樹に委ねられました。

町田社長、何と最後の1時間目に3度目の散水。
息子祐樹に最後プッシュを掛けて一つでも順位を上げたかったのですが、仕方がありません。
再び、ナリデンさんのマシン(溜池監督ドライブ)の後ろに付く祐樹。
わきまえているのか、会社の先輩になるチームのマシンの前には出ません(笑)。

中盤には、新コーナーでマシンを斜め45度に傾け、監督激怒!(笑)。
(祐樹が乗る前に、「お前にこのレースくれてやるから、思う存分走ってこい!とは言ったが、リタイヤして良いとは言ってねぇ!」(笑)。
しかし、ここで他のメンバーもあそこでスピンしたとかぶつけたと白状しだす始末(笑)。


(写真はナリデンさんのHPより拝借しました)
祐樹のドライビングでチェッカー!。

監督念願の完走です!。

クラス4位!。
3位のトップ勘゛さんには1周差まで迫ったのですが、惜しくも届きませんでした。
でも、開幕ノーポイントであった我々には貴重な今シーズン初ポイントです!。

チームのみなさん、お疲れさまでした!。
この写真は、一時帰国して第2戦に遊びにこられた
KCOC前会長の原さんが後日送って下さいました。

帰り道の関越道で偶然一緒になりました。
6時間を走り切ったマシンの雄姿であります。

原さん、ありがとう!。


でも・・・・走行中ですよね・・・・?。
今回、ナリデンさんのHPから大量に写真を拝借しました。申し訳ありません!。
高性能なカメラだとやっぱり画像がいいなぁと、監督は思いました。

レースのリザルトを掲載している、KCOC(軽自動車オフロード倶楽部)のHPもご覧ください。